[mstitle+]
[msdale+] アメリカ・コネチカット州でスロバキア系の両親の元に生まれ、独学でアイリッシュ・フィドルを学ぶ。
1990年、アイルランド系以外で唯一、ボストン大学・アイリッシュ・ミュージック・フェスティバルでフィドルの達人の1人として演奏。その演奏はCDとしてリリースされ、スミソニアン大学よりトラディショナル・レコーディング・オブ・ザイヤーを授与される。シアトルで最古のアイリッシュ・バンド「サファリング・ゲールス」のメンバーとして活躍する傍ら、後進の指導にも携わる。
1996年、京都遷都2000年のライブイベントでフォークバンド"Jody's Heaven"のゲストプレーヤーとして招かれ、演奏。2001年にはダンスパフォーマンス「アイリッシュ・ダンス」のバックバンドの一員として来日、全国各地で演奏をし、’The Gold Ring’などのソロでその深遠な演奏で聴衆を魅了した。
日本の文化をこよなく愛し、合気道をたしなむ親日家で、ギタリストのフィン・マクギンティ、ホイッスル、尺八の演奏者であるハンツ・アラキとのユニット「Setanta」として来日を果たすなど、日本でも多くのファンを獲得している。
美しく繊細でありながら、伝統音楽ならではのパワフルなリズムと深さをもつその演奏は、アイルランドの演奏者の間でも高く評価されている。
Dale Russ is American-born from Slovak-American parents. Although he is not Irish the authenticity of his music was confirmed when he was invited to play at the 1991 Boston College concert "My Love is in America", which featured 16 of America's best Irish fiddlers. His music contains a balance of power and elegance.
Dale became interested in Japanese philosophy, arts and culture from studying Aikido. In 1996 he was invited to perform in Japan as part of the trio "Jody's Heaven". He likes to visit Japan every year to relax and play music with Japanese musicians who share an interest in Irish music. He is very honored to be asked to play at Toppan Hall.
[msFinn1+] サファリング・ゲールスのメンバーとしてギター、ヴォーカルとして活躍。デール・ラスとのデュオで1991年「North Amerikay」をリリース。来日を重ねる。2001年来日時の「アイリッシュ・ダンス」では、サファリングゲールスのメンバーとして全ての公演に参加。ハンツ・アラキとのユニット「Setanta」でも来日を果たした。
D/A/E/A/D/E という独特のチューニングから繰り出されるサウンドはパワフルで、そのギタープ

FC2携帯変換について
->続きを表示
◆ツール
◆設定
▲上へ
このページはFC2携帯変換によってPC向けのページが携帯電話向けに変換されたものです
Powered by FC2